郵政株 空売り

郵政株の空売り(信用取引)がスタートしました。
(11月27日〜)

空売り(信用取引)は「一般信用取引」にしています。
逆日歩コストが発生しないから)

信用取引(空売り)とは?
株券を借りて貸株料金利を払って行う取引

信用取引の種類は?
1.制度信用取引(権限は取引所)
2.一般信用取引(権限は証券会社)

逆日歩とは?
制度信用取引で発生する取引コスト

なぜコストが発生するのか?
信用取引の売り数が増えて株が不足する場合があるから
(銀行、保険会社、大株主などから借りてきます)

当然タダで貸してはくれませんので、
この時に発生するコストが逆日歩です。

逆日歩はいくら?
売建時に正確に分からない
(1株単位で1日ごとに発生)
(逆日歩日数からある程度の計算は可能)

ですので、
空売りは一般信用取引」で行っています。

一般信用取引きができるネット証券は?
以下の3社のみ
(2015年10月時点の取扱銘柄数)
(岩井コスモと大和証券もできます)

1.カブドットコム証券2220銘柄
長期(1338銘柄)+短期(882銘柄)

2.松井証券(785銘柄)
長期のみ

3.SBI証券(53銘柄)
短期のみ

長期=返済期限・最大3年
短期=返済期限・最大13日

・一般信用銘柄数国内証券1位
・長期と短期両方はカブドットコムだけ

ですので個人的に一般信用取引は、
カブドットコム証券が一番おすすめだと思います。

詳細は公式サイトもご参考ください。

(公式)【実は安い!】カブドットコム証券

もちろんSBI証券も、

夜間取引できるのはSBI証券だけ
最短即日口座開設
・ネット証券口座数1位
・IPO抽選落ちで次回優遇あり(チャレンジポイント)

ですのでおすすめです。

(公式)【ネット証券1位】SBI証券

空売りも上手に使って、
利益拡大と買いのリスク分散を行うとより面白いです。

事前入金なしで抽選参加

岡三オンライン証券
事前入金なしで抽選に参加できます
キャンセルペナルティなし(当選購入義務なし)
手数料が安い(99円〜)
ライブスター証券
事前入金なしで抽選に参加できます
完全平等抽選(資金が少ない方もチャンスあり)
購入手数料無料(キャンペーン)

完全平等抽選と自動売買

マネックス証券
資金が少ない方も平等に抽選参加できます
(抽選配分は10〜15%と少ないので有効です)
100%完全平等抽選
取扱銘柄数1位(平等抽選の中で)

トライオートETF
利用者の利益は20ヶ月連続でプラスの実績
全額信託分離保管で資産は安全
過去10年間で最も成長した金融商品