IPO取り扱い銘柄数No1(シェア80%)

IPO 当選確率

小型IPOの主幹事5〜10%
大型IPOの主幹事50%

小型IPOの幹事:0.1〜0.5%
大型IPOの幹事:5〜10%

一般的なIPOの当選確率です。
主幹事は当選確率が10倍程度アップします。

1.主幹事から抽選申込み
2.平等抽選のネット証券
3.チャレンジポイントを貯める
4.複数の証券会社から申し込む
5.抽選時期の差を利用する

IPOの当選確率を上げる5つのポイントです。
ひとつずつ解説します。

1.主幹事から抽選申込み
主幹事=株式割当数が多い(80%程度)
ですので当選確率もアップするからです。

【2015年主幹事数(銘柄取扱数)】
1位:野村証券=29回(取扱数49)
2位:SMBC日興証券=27回(取扱数80)
3位:みずほ証券=16回(取扱数70)
3位:大和証券=16回(取扱数43)

4位:SBI証券=9回(取扱数82)
5位:岡三証券=6回(取扱数42)

マネックス証券=0回(取扱数52)
カブドットコム証券=0回(取扱数18)
松井証券=0回(取扱数16)

ここでSMBC日興証券は、

・主幹事2位=27回
・取扱数2位=80銘柄

・大手証券では破格の低コスト(135円〜)
・ネット口座(ダイレクトコース)もすべてのIPO銘柄に対応
(他大手証券のネット口座は一部銘柄対応)

平等抽選(ネット取引は)
IPO/POお知らせメールで銘柄を逃さない

という点を考慮しますと、
当選確率を上げるにはオススメです。

(公式)SMBC日興証券

2.平等抽選(ネット証券)
大手証券会社は「裁量配分」が行われているからです。
(お得意様に優先的に分配)

85%〜90%程度は裁量配分に回り、
抽選配分は10%〜15%程度しかない銘柄も多いです。

ですので、
平等抽選」のネット証券から申し込むことによって、
資金やツテがない方でも平等にIPOに参加することができます。

マネックス証券は、

100%完全平等抽選
・取引数1位(平等抽選の証券会社で)
幹事の参加機会が多い

のでおすすめです。

(詳細)マネックス証券のIPOメリット

3.チャレンジポイント(SBI証券)
スクリーンショット 2015-11-15 23.44.09
SBI証券では抽選落ちの度に「チャレンジポイント」が貯まります。

ですのでSBI証券で扱っているIPO銘柄は極力抽選に参加して、

このIPO銘柄は絶対当選したい!

という銘柄の時にチャレンジポイントを使うことによって、
当選確率をアップさせることができます。

またSBI証券を利用するメリットは、

夜間取引ができるのはSBI証券だけ
・ネット口座開設は「EXPRESS口座開設
 となり最短即日口座開設も可能

という点です。

(夜間取引のメリット)
1.朝8:20〜深夜23:59
 (通常は9時〜11:30と12:30〜15時)
2.手数料5%OFF(取引所より)
3.3500銘柄以上(国内株式)

(公式)◆SBI証券◆ネット証券No.1!

4.証券会社の数
IPO幹事が毎回違うからです。

口座を持っている証券会社が多ければ、
参加できる銘柄が増える+当選確率もアップ
させることができます。

是非持っておきたい証券会社は、
岡三オンライン証券」です。

理由は、
事前入金なしで抽選に参加できるからです。

この恩恵によって、

当選した分だけお金を用意すれば良い
当選して購入しないことも可能

となります。

(IPO参加例)
・500株申込み→300株当選→300株購入
・500株申込み→300株当選→100株購入
・500株申込み→300株当選→購入しない

このように、
抽選当選後に欲しい株数を決めて購入できます。

岡三オンライン証券は、
キャンセルペナルティがないからです。

*キャンセルペナルティとは?
当選後に購入しない場合、一定期間IPOに参加できなくなったりします。
(大手証券では一般的です)

(詳細)岡三オンライン証券

5.抽選時期の差
IPO抽選参加時期には「前期」と「後期」があります。

一般的なのは「前期」の証券会社ですが、
カブドットコム証券、松井証券、楽天証券、GMOクリック証券は「後期」です。

特に「カブドットコム証券」は、
郵政上場の際に大きな活躍を見せました。

(参考)カブドットコム証券がIPOに強い理由

抽選参加の時期をずらすことによって、

・資金が必要な時期の分散(資金計画)
・抽選株数の増加=当選確率のアップ

が可能になります。

・当選確率アップのコツ
・各証券会社のIPOメリット

を踏まえた上で毎回抽選に参加して、
IPO利益を増やしていこうと思います。

事前入金なしで抽選参加

岡三オンライン証券
事前入金なしで抽選に参加できます
キャンセルペナルティなし(当選購入義務なし)
手数料が安い(99円〜)
ライブスター証券
事前入金なしで抽選に参加できます
完全平等抽選(資金が少ない方もチャンスあり)
購入手数料無料(キャンペーン)

完全平等抽選と自動売買

マネックス証券
資金が少ない方も平等に抽選参加できます
(抽選配分は10〜15%と少ないので有効です)
100%完全平等抽選
取扱銘柄数1位(平等抽選の中で)

トライオートETF
利用者の利益は20ヶ月連続でプラスの実績
全額信託分離保管で資産は安全
過去10年間で最も成長した金融商品