郵政3社 買うならどれ

郵政3社 買うならどれ?
ゆうちょ銀行」(強いて1社だけ選ぶなら)かなと思います。

それぞれ期待できる会社は以下だと思います。

長期的値上がり」=3社すべて
配当利回り」=日本郵政、ゆうちょ銀行
株主優待」=かんぽ生命、ゆうちょ銀行

すべて当てはまるのがゆうちょ銀行」だからです。

「長期的値上がり」について

・日本郵政グループの利益の大半はゆうちょ銀行とかんぽ生命
・この2社に対する日本郵政の持ち株比率は段階的に引き下げ

この時点で日本郵政の将来性に不安もありますが、
日本郵政傘下の日本郵便はライバルが少ないジャンルですので、
現状赤字体質でも今後サービス業としての伸びは期待しています。
(そもそも倒産リスクがほとんどありませんので)

また新規事業に関しては、

(日本郵政)
高齢者向け支援サービス「みまもりサービス」の実証実験をスタート中。
(2015年10月より)

(ゆうちょ銀行)
三井住友銀行・野村ホールディングスと共同出資で新会社を設立。
2016年2月から投資信託商品を郵便局などで販売予定

も注目度が高いと思います。

「配当利回り」について
こちらの過去記事をご参考ください。

(参考)郵政株の配当利回り

「株主優待」について

・日本郵政=期待は低い
郵便事業の前例がほぼないのでまだイメージができません。

でももしかしたら、
メルパルク」(日本郵政が土地、施設を保有)関連で、
優待サービスが出たら嬉しいなとは思っています。

・ゆうちょ銀行=期待は高い
りそな銀行、三菱東京UFJ、地方銀行などで前例が多いからです。
(クラブポイント、優待クーポン、金利・手数料優遇など)

また既存の会員優待サービス「JP BANK
がどう進化するか?も期待しています。

・かんぽ生命=期待は高い
かんぽの宿関連の優待割引が期待できます。

ここ数ヶ月で状況の変化や最新情報が出ると思いますので、
日々情報更新していきます。

事前入金なしで抽選参加

岡三オンライン証券
事前入金なしで抽選に参加できます
キャンセルペナルティなし(当選購入義務なし)
手数料が安い(99円〜)
ライブスター証券
事前入金なしで抽選に参加できます
完全平等抽選(資金が少ない方もチャンスあり)
購入手数料無料(キャンペーン)

完全平等抽選と自動売買

マネックス証券
資金が少ない方も平等に抽選参加できます
(抽選配分は10〜15%と少ないので有効です)
100%完全平等抽選
取扱銘柄数1位(平等抽選の中で)

トライオートETF
利用者の利益は20ヶ月連続でプラスの実績
全額信託分離保管で資産は安全
過去10年間で最も成長した金融商品