郵政 IPO 売り方

郵政株のIPOと上場後の売り方については、
こちらの過去記事も参考のひとつになれば幸いです。

(参考)郵政株の売り方

実際にブックビルディング〜抽選まで、
郵政株3銘柄に参加してきて思ったことは、

IPOに当選しなくてもあまり落ち込む必要はない」

ということです。

初値売りの利益ももちろん醍醐味ですが、
郵政株に関しては「長期保有」も大アリかなと感じています。

(参考)郵政株の配当利回り予想

このように配当利回りも良さそうですし、
かんぽ生命にはかんぽの宿の株主優待も期待しています。

日本郵政も「みまもりサービス」など、
高齢者支援事業にも参入してきていますし、

ゆうちょ銀行も2016年2月から、
投資信託を郵便局で販売予定ですしね。

これからの事業の多角化も視野に入れて、
動向を楽しみながら株保有していこうと思っています。

事前入金なしで抽選参加

岡三オンライン証券
事前入金なしで抽選に参加できます
キャンセルペナルティなし(当選購入義務なし)
手数料が安い(99円〜)
ライブスター証券
事前入金なしで抽選に参加できます
完全平等抽選(資金が少ない方もチャンスあり)
購入手数料無料(キャンペーン)

完全平等抽選と自動売買

マネックス証券
資金が少ない方も平等に抽選参加できます
(抽選配分は10〜15%と少ないので有効です)
100%完全平等抽選
取扱銘柄数1位(平等抽選の中で)

トライオートETF
利用者の利益は20ヶ月連続でプラスの実績
全額信託分離保管で資産は安全
過去10年間で最も成長した金融商品