資産運用 IPO

株価変動リスクを気にせずに定期的に単発利益を上げる資産運用
=IPOに期待していることです。

資産運用の観点からIP0のメリット・デメリットを上げてみます。

メリット
・投資効率が高い
・損失リスクが少ない(株取引よりも)
・専門知識が不要(トレードや相場読みなど)
・抽選確率を上げることができる
・利益額がある程度予想できる

デメリット
・公募割れ
・上場後の株価下落
・当選しないと利益を得ることができない

ひとつずつ解説します。

メリット
・投資効率が高い
116.5万円の利益」(100株=29万円の購入で)
ネオジャパン(2015年に上場)
・初値=14,550円
・公募=2,900円
・上昇率=+402%

116.2万円の利益」(100株=35万円の購入で)
エムケイシステム(2015年に上場)
・初値=15,120円
・公募=3,500円
・上昇率=+332%

などのケースがあります。

・損失リスクが少ない(株取引よりも)
初値と公募価格の差益のみだからです。
(初値売りをすれば保有期間がない)

・初値とは
初めて株を上場したときに付いた値段
(最初に取引所で売買が成立した値段)

・公募価格とは
投資家が新規に買う値段

・専門知識が不要(トレードや相場読みなど)
1.抽選申込み
2.当選
3.購入
4.売却

この流れしかないからです。
初値で売れば保有期間がないので、
トレード手法や相場を読むチカラも無関係になります。

・抽選確率を上げることができる
こちらの過去記事をご参考ください。

(参考)当選確率を上げる5つのコツ

・利益額がある程度予想できる
初値予想があるからです。

当サイトでも銘柄毎に予想をしていますが、

・関連要素が決まっている
・過去事例がある(同じ職種など)

という点でIPO利益を予想しやすいと思います。

デメリット
・公募割れ
初値が公募価格よりも下回ることです。
この場合は損失が出ます。

・上場後の株価下落
初値売りをする方が多いからです。
そのまま保有しておくと、
次に売って利益を出すタイミングは、
公募価格よりも株価が上昇した時になります。

「セカンダリ狙い」
上場後の下落時に購入して保有して上昇を待つ
という戦略もあります。

・当選しないと利益を得ることができない
新規公開株が購入できないからです。
購入しないと売却できないので機会がないことになります。

「変動リスクは避けたい」
「トレードの勉強はあまりしたくない」
「資金が少ない」

という方に最適な運用方法だと思います。

事前入金なしで抽選参加

岡三オンライン証券
事前入金なしで抽選に参加できます
キャンセルペナルティなし(当選購入義務なし)
手数料が安い(99円〜)
ライブスター証券
事前入金なしで抽選に参加できます
完全平等抽選(資金が少ない方もチャンスあり)
購入手数料無料(キャンペーン)

完全平等抽選と自動売買

マネックス証券
資金が少ない方も平等に抽選参加できます
(抽選配分は10〜15%と少ないので有効です)
100%完全平等抽選
取扱銘柄数1位(平等抽選の中で)

トライオートETF
利用者の利益は20ヶ月連続でプラスの実績
全額信託分離保管で資産は安全
過去10年間で最も成長した金融商品