岡三証券 郵政 IPO

岡三証券は郵政IPOの主幹事です。

IPOの国内主幹事=7社
野村証券、大和証券、SMBC日興証券、
三菱UFJモルガン・スタンレー証券、
みずほ証券、東海東京証券、岡三証券

外資系主幹事=4社
=JPモルガン証券、ゴールドマン・サックス証券、
シティグループ証券、UBS証券

グローバルコーディネーター=4社
=野村証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、
ゴールドマン・サックス証券、JPモルガン証券

1.主幹事でIPOに有利
2.事前入金なしで抽選参加が可能

この2点が、
岡三オンライン証券から郵政IPOに参加する大きなメリットです。

(詳細)岡三オンライン証券

私も郵政IPOのブックビルディングには、
岡三オンライン証券からも必ずエントリー予定です。

事前入金なし
当選後に当選分だけ資金があれば良い

ので他のIPO銘柄とのリスク分散になりますので。
(通常は抽選参加時点で入金しますので)

事前入金なしで抽選参加

岡三オンライン証券
事前入金なしで抽選に参加できます
キャンセルペナルティなし(当選購入義務なし)
手数料が安い(99円〜)
ライブスター証券
事前入金なしで抽選に参加できます
完全平等抽選(資金が少ない方もチャンスあり)
購入手数料無料(キャンペーン)

完全平等抽選と自動売買

マネックス証券
資金が少ない方も平等に抽選参加できます
(抽選配分は10〜15%と少ないので有効です)
100%完全平等抽選
取扱銘柄数1位(平等抽選の中で)

トライオートETF
利用者の利益は20ヶ月連続でプラスの実績
全額信託分離保管で資産は安全
過去10年間で最も成長した金融商品