野村証券 IPO 当たらない

野村証券がIPO当たらない?とすれば理由は、

1.抽選が個人配分の10%
2.すべての銘柄がネット申込み対応ではない
3.ライバルが多い(主幹事が多いから)

だと思います。

【証券会社:取扱数(主幹事数)】(2015)
野村証券:49(29)
SMBC日興証券:80(27)

みずほ証券:70(16)
大和証券:43(16)
SBI証券:82(9)
岡三証券:42(6)

マネックス証券:52(0)
カブドットコム証券:16(0)
松井証券:16(0)

と野村証券は主幹事数1位ですが、

・取扱数2位
・主幹事数2位
・ネット口座(ダイレクトコース)もすべてのIPO銘柄に対応
・大手証券では破格の低コスト(135円〜)
IPO/POお知らせメールで銘柄を逃さない

という点を考慮すると個人的には、
SMBC日興証券の方が当選率が高い気がします。

【一般的なIPO当選確率】
小型IPOの主幹事5〜10%
大型IPOの主幹事50%

小型IPOの幹事:0.1〜0.5%
大型IPOの幹事:5〜10%

主幹事は株式割当数が多くなります(80%程度)ので、
当選確率は10倍ほどアップします。

詳細は公式サイトをご参考ください。

(公式)SMBC日興証券のIPO

2016年もSMBC日興証券はIPOの必須口座です。

事前入金なしで抽選参加

岡三オンライン証券
事前入金なしで抽選に参加できます
キャンセルペナルティなし(当選購入義務なし)
手数料が安い(99円〜)
ライブスター証券
事前入金なしで抽選に参加できます
完全平等抽選(資金が少ない方もチャンスあり)
購入手数料無料(キャンペーン)

完全平等抽選と自動売買

マネックス証券
資金が少ない方も平等に抽選参加できます
(抽選配分は10〜15%と少ないので有効です)
100%完全平等抽選
取扱銘柄数1位(平等抽選の中で)

トライオートETF
利用者の利益は20ヶ月連続でプラスの実績
全額信託分離保管で資産は安全
過去10年間で最も成長した金融商品