IPO取り扱い銘柄数No1(シェア80%)

IPO 売り方

IPO株売り方(売り時)は以下のパターンがあると思います。

1.初値売り
上場日に成行きか指値指定で売却。
(成行き=初値価格、指値=自分の設定した株価)

2.セカンダリ
初値後の株価上昇後に売却。

3.中期〜長期目線
初値後の株価下落を過ぎ、緩やかに上昇した時に売却。

一番多いパターンは「初値売り」だと思いますが、
理由は以下が考えられます。

「初値高騰の期待」
・銘柄の人気の高さ
・大量配分の投資家による信用買い(初値後に徐々に売却)

「初値後に株価急落の可能性」
オーバーアロットメントによる追加割当
・VCによる売り(ロックアップがない場合)

オーバーアロットメントとは?
需要バランスを保つための制度
です。

主幹事証券が大株主などから株式を借りて、同じ条件で売り出します。
(募集・売出し株数の15%を上限)

・初値高騰を抑える=冷やし玉(追加割当)
・公募価格割れ=買い支え(追加購入)

と呼ばれていたりもします。

(初値売りの注文開始時間)

1.上場日前営業日翌日の早朝(午前4時頃)から
(東証、名証、福証、札証の各市場の単独上場銘柄の場合)

2.上場日当日の午前8時頃から
(単独上場以外、ETF、REIT)

初値売りがリスク分散になることは分かりましたが、
初値後にはどんな銘柄が株価上昇しやすいのか?(セカンダリ狙い)

事業の将来性が高い
ビジネスモデルが面白い
・吸収金額が小さい(伸びしろが大きい)
・VC(ベンチャーキャピタル)不在(少ない)
ロックアップ期間がある(長い)

この辺りの銘柄は初値後の株価上昇が期待できると思います。

VC不在=初値後の売却株数の減少
ロックアップあり=一定期間売却ができない

ロックアップとは?
上場後株主が一定期間売却できない制度

短期間で大きな利益を得るなら、
初値売りとセカンダリはやはり良いのかなと思います。

事前入金なしで抽選参加

岡三オンライン証券
事前入金なしで抽選に参加できます
キャンセルペナルティなし(当選購入義務なし)
手数料が安い(99円〜)
ライブスター証券
事前入金なしで抽選に参加できます
完全平等抽選(資金が少ない方もチャンスあり)
購入手数料無料(キャンペーン)

完全平等抽選と自動売買

マネックス証券
資金が少ない方も平等に抽選参加できます
(抽選配分は10〜15%と少ないので有効です)
100%完全平等抽選
取扱銘柄数1位(平等抽選の中で)

トライオートETF
利用者の利益は20ヶ月連続でプラスの実績
全額信託分離保管で資産は安全
過去10年間で最も成長した金融商品