IPO取り扱い銘柄数No1(シェア80%)

IPO 中国

中国の深セン証券取引所でIPOが再開する意向になりました。
(2004年から12年ぶり)

・上海証券取引所=優良企業の上場先
・深セン証券取引所=中小企業や新興企業の上場先

という位置付けです。

深セン証券取引所が12年間IPOしなかった理由は、
上海との競合を避けるためでした。

中国政府が資本市場の改革を進める中、
深センでのIPO復活=株式(金融市場)流動化
に繋がるとの判断だと思います。

日本ではここ2〜3年、
スタートアップに成功したメガベンチャーのIPO
も目立ってきているので、

2016年もIPOが楽しみです。

事前入金なしで抽選参加

岡三オンライン証券
事前入金なしで抽選に参加できます
キャンセルペナルティなし(当選購入義務なし)
手数料が安い(99円〜)
ライブスター証券
事前入金なしで抽選に参加できます
完全平等抽選(資金が少ない方もチャンスあり)
購入手数料無料(キャンペーン)

完全平等抽選と自動売買

マネックス証券
資金が少ない方も平等に抽選参加できます
(抽選配分は10〜15%と少ないので有効です)
100%完全平等抽選
取扱銘柄数1位(平等抽選の中で)

トライオートETF
利用者の利益は20ヶ月連続でプラスの実績
全額信託分離保管で資産は安全
過去10年間で最も成長した金融商品