GMOメディア IPO 初値

GMOメディア(6180)のIPO初値予想は、
3500円〜4200円」です。
(公募比1.5倍前後)

公開価格が発表されて、
仮条件の上限価格で強気な結果となりました。
(想定価格通り)

・公開価格:2740円
・仮条件:2500円~2740円
・想定価格:2740円

過去のGMOグループIPOを見ますと、

GMO TECH
(公募)5,800円→(初値)13,640円(+135.2%)

GMOリサーチ
(公募)2,100円→(初値)4,900円(+133.3%)

と初値高騰していますので、
GMOメディアも初値は期待できると思います。

スクリーンショット 2015-10-08 9.06.33
私はGMOクリック証券からブックビルディング申込みました。

GMOメディアのIPO申込みは、
GMOクリック証券」経由がオススメだと思います。

理由は以下の2点です。

1.過去のGMOグループ上場時で割当あり
(GMO TECH、GMO リサーチの時)
(幹事として名前は出ませんがグループなので)

2.幹事常連クラスが不在
(SBI、マネックス証券、岡三、MUFGなど)
(ネット証券申込み組が減る可能性あり

GMOクリック証券の詳細はこちらもご参考ください。

(詳細)GMOクリック証券について

(GMOメディア(6180・東証マザーズ)のIPO詳細)

ブックビルディング期間
10月7日(水)~10月14日(水)

当選発表日
10月15日(木)

募集・売出期間
10月16日(金)~10月21日(水)

上場日
10月23日(金)

申込数単位(100株)

公募数 396,000株
売出数 143,100株
当選合計 539,100株

(主幹事)
大和証券

(幹事証券)
野村證券
みずほ証券
いちよし証券
岩井コスモ証券

事前入金なしで抽選参加

岡三オンライン証券
事前入金なしで抽選に参加できます
キャンセルペナルティなし(当選購入義務なし)
手数料が安い(99円〜)
ライブスター証券
事前入金なしで抽選に参加できます
完全平等抽選(資金が少ない方もチャンスあり)
購入手数料無料(キャンペーン)

完全平等抽選と自動売買

マネックス証券
資金が少ない方も平等に抽選参加できます
(抽選配分は10〜15%と少ないので有効です)
100%完全平等抽選
取扱銘柄数1位(平等抽選の中で)

トライオートETF
利用者の利益は20ヶ月連続でプラスの実績
全額信託分離保管で資産は安全
過去10年間で最も成長した金融商品